FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフル 副作用

新型インフルエンザのワクチンが当初は“足りない”と言われていましたが、
ここにきて一転“余る”という事態になりそうです。

新型インフルエンザの流行が下火になってきた事と、
来年の2月には9900万人分の輸入ワクチンが供給される予定になっている事で、
ワクチンが“余りそう”と言うのは現実感を帯びてきました。

新型インフル 副作用のことを含めてタミフル、厚生労働省、症状、咳、初期症状についてのこと以外にも、新型インフル 副作用以外にも潜伏期間、検査、ワクチン、副作用、感染、ということにも注目している人も多いです。

国産のワクチンは5400万人分が用意されていました。
そこへ輸入ワクチン9900万人の分を合わせると、
1億5300万人分にもなるそうです。
これは日本の人口を大きく上回る数字で、1回だけでも十分な効果が
期待できると判明した事でさらに供給量が一気に倍増してしまいました。

税金を使って輸入を決めた新型インフルのワクチン。
万全な体制は大きな器で対処するべきと言うのも分かりますが、
国民生活が苦しい時にこの対策は失敗に終わりそうなことが少し残念です。


新型インフルワクチン、一転「余る」 1億5千万人分を確保
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091227-00000548-san-soci

パソコン アウトレット
スポンサーサイト

テーマ : インフルエンザ
ジャンル : ニュース

Link
_


心優の裏日記

SEO対策済みテンプレート

track feed 心優の裏日記
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。